北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
モリアオガエルとアカガエル


-


庭で小さなアカガエルを見つけたので捕らえて写真を撮るまでモリアオガエルの飼育箱に入れておいた。
当たり前だが野生のカエルは逃げることしか考えていないピョンピョン跳ねても数センチ逃げ出せるものではなかった。
このカエルのことを忘れて翌日に気がつき、写真を撮ろうとしたらアカガエルがいなかった。
小さいのでモリアオガエルに食べられてしまったのだろうかと心配。更に1日が過ぎてしまった。
そしてモリアオガエルの写真を撮りに行くとアカガエルがモリアオガエルと一緒にいるではないか。
虐められるわけではなく、自由に跳びまわり元気にしていた。
だが、アカガエルはジャンプ力がすぐれていると言ってもギボウシの植わっている15cmの高さ鉢に跳び乗れることはないだろう。
吸盤のないカエルは壁を登ることも出来ない。もしかしてモリアオガエルの背中に乗って運んできてもらったのだろうか。
もしそうだとしたら、カエルは異種間でも平和に暮らしているのだなと思う。ギリシャ、タイ、北朝鮮など人間の世界は醜いことばかり。
モリアオガエルに与えているイエコはこのアカガエルには食べられない。小さなイエコはもうないのでアカガエルは新しい池に逃がしてあげた。
(写真は小さなカメラの望遠レンズで撮影・色は違うが同じカエルです)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今晩は、初めまして。

当Blogにコメント頂き有り難うございました。
我が家では現在モリアオを飼育してはおりませんが、庭にある池の近くで5月初旬からオスが鳴き始め、昨日には卵塊が産み付けられているのも発見しました。これは3年ほど前に飼育していたモリアオを池に放した流れでして、昨年も数個の卵塊を確認し、これで2年連続となります。状況が良ければ人工の環境にも居付いてくれるもんですね。

今年も時間があったら池からオタマをすくってカエルになるまで育ててみようかなと思っています。
2010/05/24(月) 01:32:44 | URL | なべ #JalddpaA[ 編集]
なべさん、おはようございます。

カエルを飼育して約1年になりますが、飼育に関する知識に乏しく、各経験者のブログを周り過去の飼育記事を読み勉強しています。
なべさんのところの過去の記事を読みに時々立ち寄りたいと思っています。

外来種も飼いたいと思いますが、私に万一の時には蛙は外に放すので、庭に産卵に来るカエルだけにしました。

ご訪問有難うございます。

2010/05/24(月) 06:22:10 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
こんにちは

モリアオの背中に乗って、だったらほんとすごいですね!
種類が違っても、カエル同士仲良くできるんだ・・・(驚

なべさんも鬼家さんも、上手に冬眠させてらっしゃいますね~
冬眠させる方はあまりいないようで、ほんと参考になります。
我が家のゲージはまだ空き家です(^^;
シュレの泣き声はすれども、姿も見えず、そろそろ卵もあってもいいころなんですがね~
あまり探索すると、ここらでは怪しい人になってしまいます。
モリアオ飼ってみたいなぁ~

2010/05/24(月) 19:09:15 | URL | まさこ #Zr2/WiYY[ 編集]
まさこさん、こんばんは。
カエルの世界は平和のようですね。他のカエルが顔の上に乗っても怒りもせず、異種間でも仲良くしていました。

ペットでカエルを飼う人はなるべく暖房して冬眠させずにいます。
5ヶ月も眠らせてはペットと言えなくなります。

モリアオガエルも6月に産卵に来れば8月中旬には里子に出せると思います。
産卵に来るか来ないかカエル次第なので6月10日までに分かるでしょう。
コメント有難うございました。
2010/05/24(月) 20:23:11 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.