北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
何でも作ろう   [棚池・一番目に掘った池(T1池)を造る・後編]
・1/8・シートの上に金網を敷きます
・2/8・金網は強度はないが、モルタルの割れるのを防ぎます
・3/8・砂はモリアオガエル用の仮設池の土嚢袋のをつかう
・4/8・底面のモルタル打ち
・5/8・壁面のモルタル塗り
・6/8・中に小さい石を組んでおくと沢蟹が棲み付きます
・7/8・棚池の2号と1号の位置関係
・8/8・棚池2号の現在の様子・水漏れは1日1cm程度

いよいよ棚池1号のモルタル仕上げをすることになりましたが、前回書きましたように腰痛になってしまいました。
腰痛バンドをつけての作業ですが、25キロのセメント袋が現場まで持ち込むことが出来ずに、1回分ずつ運びました。
砂は来年度はモリアオガエルの仮設池は作りませんので、土嚢袋に入っている砂を使うことにしました。
以前は敷地内に小型のダンプが入り砂や砂利を購入できましたが、今はダンプの入れる道はなく砂は自給自足しています。
まず底辺を打つのに1日かかりました。1日と言っても4時間労働です。壁面は2日かかり計12時間の作業でした。
この池は大きな石が1個ですので、水漏れは少ないと思っています。ある程度水漏れは必要なのです。
2号池は1日に1センチほど水位が下っています。水漏れだけではなく蒸発する水もあるので1週間に1度減った分だけ水を入れます。
これらの池はモルタルが薄いためと寒冷地のため長くは使用できず、3-4年で補修工事をするようになるでしょう。
「池も水を入れなければただの穴」10月始めに水を入れる予定です。水を入れると庭らしくなると思います。

この池の製作費はセメント2000円、シート1500円、網2000円、パイプその他1000円 合計6500円でした。


にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへにほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へにほんブログ村 住まいブログ DIYへ(ランキングに参加しました。クリックしてね)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.