北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
モリアオガエルの産卵
まだ肌寒く寝るときには弱ではあるが電気毛布を使用している。加齢のためか本当に寒いのかは私にはわからない。
4年続けてモリアオガエルが産卵した。昨年と同じようだが以前よりは寒さのためか産卵日が遅れている。

4年前私は途中で水槽で育てるのを投げ出し、大きな池にオタマジャクシを放した、それらが育っていれば今年産卵に来るはずだと思っていた。
小さな卵塊なので4年前育ったカエルかも知れないが、卵塊2個だけでは結論は出ない。
もう少し数が増えればここで育ったカエルが産卵に来たのだろう。

モリアオガエルを育てるために昨年4個の棚池を作り、このうち1号池を今年のモリアオガエルを育てるため空けてあった。

その1号池の水の上に1個産卵していた。この卵塊はそのままの状態で育てたい。ただ蛇には注意しないといけない。

白い花も咲いているので分かりにくいが、3号池の上に1個産卵していた。

ここも池の上なので間違いなく水のある場所に孵化したオタマは落ちるが下記のような問題がある。

問題とは、写真のように他のカエルのオタマジャクシが数百匹かそれ以上入っていて食欲旺盛である
孵化したオタマが食べられてしまいそうな感じをうける。親のカエルもこのことは承知で産卵したのだろうが心配です。
卵塊が多ければ、このままにするが、2個ならば昨年と同様に網で保護をして1号池の上に移動するつもり。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北杜情報へ「70歳以上」「北杜情報」のどちらか一つだけクリックの協力お願いします。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.