北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
薪ストーブの煙突
小さな薪ストーブ 腐った煙突とメガネ石

この部屋は30年以上も前に業者に建ててもらった12畳のプレハブ小屋です。それ以降の建物は全て休みを利用して自分で建てました。
湿気の多い場所なので床は腐り、6畳は床を取り払い石を積み重ね、コンクリートで均してその上に石を敷いています。
30年も経つとアチコチが腐り雪の重みで天井が下がるのを防ぐため支柱も立てています。
このストーブも古く7-8年は過ぎていると思います。煙突は腐り今の煙突は臨時に設けましたが、径が違いこの煙突も腐ってしまいました。
この冬は灯油がなくなったとしても自転車では買いにいけませんので、灯油を節約しなければなりません。
今まで使っていないこの部屋をこの冬は使うことにしました。全ての部屋はワンルームではなく一部屋ずつ区切られています。
この小さな薪ストーブはこの12畳だけしか温まりません。他の部屋は原則暖房なし、つまり氷点下の中でテレビを見る事になります。
寒さに耐えられなかったら、テレビを見なければよいと思っています。テレビを見て役に立つことは何もありませんから。
パソコンも氷点下の部屋ですが、パソコンが作動するか分かりません。そのときは10度程度まで灯油で暖めます。

4月に買っておいた煙突 短管の切断

4月に自動車から自転車に乗り換えましたが、この冬に煙突を取り替えなければならないので4月に自動車に乗っているとき買っておきました。
煙突4本、短管、エルボ2個で煙突は3本取替え、その先は4本はまだ使えそうなので今回は取り替えず、1本は風呂場に使います。
ストーブに繋ぐ部分は短管を切断して使います。いろいろな工具は揃っていますので法律に触れない工事は何でも自分で行っています。

取替え終わったが問題も 取替え終わった

煙突工事は無事終わりましたが、ストーブ自体に問題が発生しました。耐火ガラスを止めている金物が溶けてしまったようです。
応急修理はしましたがすぐ駄目になってしまいそうです。明日にでも燃焼試験をしてみたいと思います。

冬は最低気温マイナス15度まで下がるこの土地で何処まで寒さに耐えられるのか実験したいと思います。
今は子供の時から、少し暑いと冷房、少し寒いと暖房と贅沢に育てられています。
そのため、自然に対する抵抗力がなく、暑い外に出ると熱中症でよく倒れているようです。
私の育った時代、学校でも寒くてもストーブもなければ、暑くてもクーラーもなく学んだものです。でも熱中症で倒れる人はいませんでした。
近い将来、日本も貧乏国となり昔のような時代に戻ると私は思っています。耐えることをしなくなった日本人に将来性はあるのかな???。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北杜情報へ「70歳以上」「北杜情報」のどちらか一つだけクリックの協力お願いします。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.