北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
風呂場の煙突
腐って応急処置した煙突 エルボも腐っていました

この風呂場はボイラーや脱衣所も兼ねた6畳程度の広さがあり、冬は灯油ストーブで部屋を暖めないと入浴できません。
約30年以上前に建てた壁などは鉄筋コンクリート、屋根部分は木造と言う変な建物で、私の自作した最初の建築物です。
当時はコンクリートについて何の知識もなくコンクリートの幅をどのように出すかも分からず、塩ビ管を切ってボルトで押さえていました。
出来上がりは想定していた以上に良く出来たため、翌年から次々増やしていきましたが、今思えば失敗し専門家に造らせた方がよかったと思います。

灯油ボイラーは2代目ですが、既に10年以上は過ぎているでしょう。先日煙突が腐っている事を見つけ応急処置をしました。
風呂場が小さく機密性がすぐれていたら一酸化炭素中毒になっていたかもしれません。この煙突の取替え工事をすることにしました。
煙突は1本しか買っていませんが、取り付けると僅かに買った煙突と古い煙突の径が違っていました。
その上にエルボ2個とも補修程度では使えないほどボロボロになっていました。修理をあきらめかけましたが、直さないことには風呂に入れません。

往復1時間の買物 一応修理は終わりました

韮崎まで行けばホームセンターで煙突は安く買えますが、遠すぎて自転車では無理です。
約往復1時間の金物屋に置いてあることを電話で確かめ、ホームセンターより高いのですが買いに行きました。
行きは全て下り帰りは全て登り、軽いものなので苦にはなりませんが、こんな時に自動車があればと思いつつ戻ってきました。
そして、狭いボイラーの上部で悪戦苦闘のすえに何とか使えるようになりました。風呂場だけではなく30年以上も経つと色々な場所が悪くなっています。
建物が駄目になるか私の身体が駄目になるか、今の段階では72年以上経った私の方が駄目になりそうな気がします。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北杜情報へ「70歳以上」「北杜情報」のどちらか一つだけクリックの協力お願いします。
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.