北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
心臓病
5月21日・今日北杜市立塩川病院に行って心房細動の処置を行っていつものような生活に戻りたいと願っていました。
心房細動は私の持病でしたがこの1年半起きてなく、治ったかの様に錯覚していましたが、突如2月16日に再発しました。
2月16日・夕方薪を運んでいるときに1年半ぶりに心房細動が起きた。積雪と道路の凍結のため診療所には行くことは出来なかった。
2月24日・午前2時今まで経験したことのない発作が起きたが朝まで症状は軽くなったが、あまりにもの激動のため腹筋が2-3日痛む。
3月08日・積雪や道路の凍結もなくなったので武川診療所に行き心電図を撮り心房細動が起っていると告げられたが、点滴などの処置はしてもらえなかった。
4月03日・心房細動はまだ治まっていないと言ったが、何も処置はしてもらえなかった。
4月23日・少し強めの心房細動がおきた。
4月24日・早く治療しないと治療が難しくなると思い、塩川病院に出かけたが、紹介状がないと駄目だと受付に拒絶された。
5月08日・診療所に行って塩川病院に転院したいから紹介状を書いて欲しいとお願いして、5月18日に書けたと連絡を受ける。
5月21日・診療所に行って紹介状を受け取り・塩川病院に向かう。
この塩川病院の眼科には緑内障のために通っているが、今回は内科の初めての検診のため眼科は5月末に来ることに決めた。 受付を済ませ約2時間に呼ばれたが、期待を裏切られるようなことだった。あなたの心房細動はこの病院では治す手段はない、循環器系の大病院に転院するか、心房細動を抱えて生活するかの選択はないと告げられた。 もし、このことが本当なら誰の責任なのだろうか。誰をせめても仕方がない何年か私が死期を早めれば良いことである。 でも、もう手遅れだの医師の言う言葉なのだろうか。最善をつくしてそれでも駄目なら患者は納得できるが、今日の医師の態度には納得はいかない。 今は医師でなくとも医学の勉強は出来る。私の仇名は小学6年の時は「博士」だった。貧乏でボロを身にまとっていたので陰では「ボロ博士」と呼ばれていたらしい。 竹の子のような医師に身を任せておけないので、明日からでも医学を学び竹の子医師(藪にも満たない)を見返したい。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北杜情報へ「70歳以上」「北杜情報」のどちらか一つだけクリックの協力お願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
驚きました!
鬼家さま、心よりお見舞い申し上げます。
病気になればお医者さまだけが頼りですし、お薬が無ければ不安です。
総合病院でそのような扱いをされるなんて考えられません。
どうか良い方法を考えてくださいませ。
電車に乗ってもっと信頼出来る病院へ行くことは出来ないのでしょうか。
くれぐれもご自愛くださいね。
2012/05/21(月) 18:20:55 | URL | ちひろ #-[ 編集]
ちひろさん、こんにちは。
この病院では処置できないということです。
一般からすれりば、最善の処置をして駄目だったら患者は納得しますか、この医師は最初からさじを投げていました。
この様な医師を信じるつもりもありません、自分自身で生き延びる方法を探してみます。

テレビの医療ドラマのようにはいかないものです。数多くの患者に接している医師には本来の医療からかけ離れたことが当たり前になっているのでしょう。

現実の社会に負けないように頑張ります。
コメント有難うございます。
2012/05/21(月) 18:42:35 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
私も同じです。ガンの宣告を受けました
鬼家さん

こんばんわ。
そちらの電話機が3階にあり、夜は出れないとは分かっていましたが、声が聞きたくて電話しました。
私も同じです。ガンの宣告を受けました。目の前が真っ暗になりました。3年前のことです。

ところが、いろいろ調べてみると老人のガンも心臓病も、糖尿病もみんなゆっくり、ゆっくり進むことが分かりました。
その病気が死因にならないで、他の肺炎とか、老衰で死ぬそうです。
心臓の弱い人は長生きするとも聞きました。
医者の言うことは、最悪の可能性を言っているのです。
心療ミスで後で民事裁判になったとき賠償金を少なくするための発言です。そのことはカルテに書き止め、裁判の時の証拠物件として出すのです。
医者が聖職だったのは昔の事で、現在はすぐに裁判沙汰にする患者もいけないのです。
ですから医者の言うことを100%信用してはいけません。
今度お会いした時、詳しくお話します。
どうぞ心安らかに今まで通りの生活を続けて下さい。
お元気でお過ごし下さい。

敬具、後藤和弘
2012/05/21(月) 20:09:35 | URL | 後藤和弘 #-[ 編集]
後藤さん、こんばんは。

心房細動と癌とは違いますが、医師の判断で患者の生命が左右されることを知りました。
私は死を恐れているものではありません。むしろ今老人が長生きするほうが問題があると思っています。
今回の事も私自身が生きたいと思う心を半ば失っていたこともあると思っています。
これからが、雑草のように生きてきた私の出番のような気がします。
世間等から打たれればより強くなる私を見ててください。

コメント有難うございました。
2012/05/21(月) 20:30:51 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
お医者のモラル
お医者は患者の希望をかなえて、病気を治すことが使命です。
治療できないと早々と結論を出すのは、医の倫理に背くこと。

しかし、鬼家さん。
お医者に対抗する態度で臨むのは、
余り残って居ない生存の期間を有効に使う方法とは思えません。

時間があれば、どうすれば、最善の治療が受けられるかを見付けだすことに使うべきです。
心臓病は興奮しない方が好いのです。交感神経が働き過ぎると、心臓は高鳴ります。

今は、お医者の力を上手く使えるような方法を考える時期です。
再考をお願いします。
2012/05/21(月) 20:39:29 | URL | ijin #7ozVZe.w[ 編集]
ijinさん、おはようございます。

いつもアドバイス有難うございます。
心房細動になった数年前、ネットで心臓について学びましたのである程度覚悟はしていました。
私のシナリオでは点滴を受け、医師から時間が経過しているから、この治療では無理だと言われるだろうと思っていました。
初めから、時間が経過しているから点滴しても無駄だ。手遅れだと言われることは想定外でした。

医師の力を借りるにも田舎では循環器系の医師がいません。
死については心の準備は以前からできています。

前から75歳になりましたら、全ての医療行為を中止しようと思っていました。
長生きしたくないのです。
コメント有難うございました。
2012/05/22(火) 09:48:54 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
光り輝く人生に・・・・
こんにちは。

昨日、日本全国が熱狂しました『金環食』に秘密基地で感動しました。

特に、木漏れ日から見える金環食は別次元の感動に誘ってくれました。
(木漏れ日がピンホール効果で金環食がたくさん出現です。)

>これからが、雑草のように生きてきた私の
>出番のような気がします。

鬼家さんの雑草魂、好きです。
光り輝く人生にしてください。

病気との闘いは壮絶なものですが、鬼家さんの光り輝く人生のステージは用意できているはずですよね。

ネガティブな方向での発想より、一日一日を楽しんでください。

及ばずながら、鬼家さんとご一緒に楽しんでいきたいと思っています。

どうぞ、無理だけは避け、自然の流れの中、ゆったりとお過ごしください。

またお伺いします・・・・ね。
2012/05/22(火) 15:14:19 | URL | KITAHO #YXfnopBU[ 編集]
義憤を感じましたので記事を書きました
鬼家さん。

こんにちは。

義憤を感じましたので私のブログにもう一回記事を書きました

「停年後いきなり田舎暮らしはするべきでない!」という題目の記事です。

まったくけしからん話ですね。

私は怒っています。

敬具、後藤和弘
2012/05/22(火) 15:20:27 | URL | 後藤和弘 #-[ 編集]
KITAHOさん、こんにちは。
午前中ホームページに伺い、金環食が木漏れ日に写った写真を拝見しました。

ユキノシタは元気に育っています。玄関前の池周辺のギボウシは食べられてしまいました。
人生73年打たれ続けた私、病気に負けない様に生きて生きたいと思います。
ただ、長生きはしたくないと思ってもいますが、まだやるべきことが残っていますので75歳までは頑張ります。

コメント有難うございました。
2012/05/22(火) 16:00:58 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
後藤さん、こんにちは。

今、記事を読んできました。

今日は2日酔いで午後から今まで寝ていました。
別に病気のことで自棄酒を飲んだのではありません。
22日は私の誕生日73歳になりました。
病院の帰り今日のために酒を買って、前夜祭として5合以上飲んでしまいました。

2年後の75歳の誕生日まで頑張りたいと思っています。
2年後から医療そのものを受けないかもしれませんが、良いことがあれば気が変わるかもしれません。

コメント有難うございました。
2012/05/22(火) 16:14:27 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
2つの私の記事へ対するコメントです。
コメント
田舎暮らしの過酷さをよくぞ、ご説明くださいました。
雑誌に乗せられてはいけませんね!
それにしても、都会では患者も取り合いなので、どの医者もより良い医療を目指して、すぐ治療をするものですが、ちょっと信じられません。また貧困層には、共産党系の病院が網ですくうように手を広げており、医療から介護まで全く困りません。(今日の佐々木議員の国会質問は笑ってしまいました)。
老後は、ヨットハーバーで在宅の医者をやろうと思ってますが、やっぱり暮らしにくそうですね。

投稿 デブチンおじさん | 2012/05/22 16:53

日本人の生活の中には村八分という悪習が根強く残っているように思います。

飢饉に苦しんだ悲しい農耕民族の記憶が血の中を流れているのでしょうか。

僅かな収穫のなかの取り分を脅かす「よそもの」を恐れて排除して生き延びてきた民族の歴史があるように感じます。

田舎だけではなく東京の有名病院であっても有力者からの紹介状の有無で扱いは変わるかもしれません。

政治の世界にも文化人の中にも同類の方々はいらっしゃいますよね。

日本の中心で活躍される方々からまず真の教養を自らの態度で示して、地方のすみずみまで行きわたらせるように努力していただきたいものです。

潔くフェアな扱いを受け入れられた御友人を尊敬いたします。

一方で人間関係に疲れていたり老後に心身が弱まってからでは難しいとは思いますが、田舎で暮らす楽しみに住処とした地域への貢献を加えられれば多少の互助は得られると思います。

投稿 サッチー | 2012/05/22 16:49
2012/05/22(火) 18:09:22 | URL | 後藤和弘 #-[ 編集]
後藤さん、こんばんは。

度々のコメント有難うございます。
今、鬼家のブログ名から本名の木内を宣言しました。
嫌がらせもあるかもしれませんが、行政批判や医療批判を書くのに匿名では卑怯になると思ったからです。

今後、年長の後藤氏のアドバイスも参考にし残された人生を楽しみたいと思います。
協力をお願いします。
2012/05/22(火) 18:25:25 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
KITAHO さんの「光り輝く人生に」というコメントに感動しました!
鬼家さん、KITAHO さんのへ、

KITAHO さんの「光り輝く人生に」というコメントに感動しました!
やっぱり彼は純粋な人間です。自分の至らなさを思い知りました。

ところで、先程のコメントの「デブチンおじさん」は名古屋で繁盛している開業医です。
ヨットが趣味で、老後はそのハーバーの傍で在宅医者をしたいという意味です。ヨットを
置いてあるハーバが2時間以上もかかる遠方と想像しています。医者にもいろいろいますね。
誕生日なので5合以上とは、意気盛んですね。
誕生日おめでとうございます。

まあ、お互いに気楽に長生きをしましょう。

後藤和弘

おやすみなさい。

後藤和弘
2012/05/22(火) 19:11:11 | URL | 後藤和弘 #-[ 編集]
後藤さん、おはようございます。

医者もいろいろな人がいます。
一昨年まで診療所の所長をしていた「郭友輝」氏は循環器系の医者ではありませんが、心房細動が起こり、診療所に駆け込むと点滴などで心電図が正常になるまで処置してくれました。
医師が替わると患者に接し方も変わってしまうのですね。

きょうだい8人いましたが、貧しい家庭ですから誕生日のお祝いをしたことはありません。
私の場合、5月22日を厄日だと思い、お酒を飲んで厄払いをしています。

コメント有難うございました。
2012/05/23(水) 08:16:55 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
こんばんは
20年前
雑木林の中に家を建て、
田舎暮らしのスタートは体の不調精神の疲れ、満身創痍(ちょっとオーバーかな)
の状態でした。
体も心も疲れ切った時には目を閉じて
「エネルギーを与えてくださ」と周りの木々にお願いしました。
雑草でお茶を作り、山菜、木の実をいただき、野菜を作り
自然に守られ暮らしてきました。
今は原発事故で意に反した生活を余儀なくされていますが、
自然を愛するオニイエさん自然の気がきっと守ってくれると思います

2012/05/24(木) 00:33:57 | URL | yaeko #-[ 編集]
yaekoさん、おはようございます。

昨日から本名を名乗ることにしました。

田舎も身体が不自由になると大変です。田舎でも暖かい地方だと幾分楽だと思いますが。

私も以前は柿の葉やクコやコンフリーなどでお茶を作って飲んでいました。
ただ、その後はコンフリーは有毒植物になってしまいました。
今年、少し柿の葉でお茶を作ってみようと思っています。

この土地で野菜ができればいいのですが、動物被害があり何も出来なくなりました。
愚痴ばかりこぼしても前に進みませんので、これからいろいろ学び頑張るつもりです。
コメント有難うございます。
2012/05/24(木) 09:06:33 | URL | 木内 正夫 #-[ 編集]
コメントが受け取れるか否かのテスト
木内正夫さん

今朝からコメントを投稿すると拒否されます。
私のコメントだけなら良いのですが、他の人のコメントも全て拒否されているとすると問題なので、これをテストとして送ります。
受け取ったら、公開して下さい。

敬具、後藤和弘
2012/05/24(木) 16:57:29 | URL | 後藤和弘 #7ZmOvJB2[ 編集]
デマンドバスの記事へはコメントが入りません
木内正夫さん

この記事へはコメントが入りますが、デマンドバスの記事へ投稿すると、「不正な投稿だと判断されました」という赤字の注意文章がついてコメントが返ってきます。
昨夜は問題無く投稿出来ました。
どうしてでしょうか?
よろしくお願い致します。

後藤和弘

2012/05/24(木) 17:05:19 | URL | 後藤和弘 #7ZmOvJB2[ 編集]
後藤さん、こんばんは。
コメントに関しては弄っていません。
デマンドバスはホームページの記事を転送で載せていますが、コメントに関しては関係ないと思います。
自分のコメントが載るかテストをして見ましたが、載っていました。
原因は私にもわかりません。
2012/05/24(木) 18:35:56 | URL | 木内 正夫 #-[ 編集]
今の状況でいいのでしょうか?心配ではありますが、市立病院であのような対応であれば大学病院ということでしょうか?今日和枝おば宅にお邪魔してきました。皆、歳を重ねていても人生色々、おばも心配のようですが、パソコンも出来ずとのこと・・・私が見守ると約束してきました。無理なさらずに・・くれぐれも・・・
           
2012/05/24(木) 18:40:25 | URL | takako #-[ 編集]
takakoさん、こんばんは。

この田舎ではどうすることもできません。75歳まで頑張るといいましたが、早まる可能性もあります。
いろいろな手立ては考えられますが、このままの状態で行きたいと思います。

普通の老人と違いあまり長生きもしたくありません。
長生きすればするほど惨めなことが起ります。
適度な年齢でこの世を去る方が良いと思っています。

今日から心臓病の学習を始めました。
まだ、大丈夫だと思います皆さんによろしく伝えてください。

コメント有難うございました。
2012/05/24(木) 19:53:55 | URL | 木内 正夫 #-[ 編集]
雑記帳の「ビオトープの庭」を絶賛する
皆様へ

このブログにはご存知のように、「雑記帳」がついて居ます。「デマンドバス」の記事の下にあります。
それをクリックして「ビオトープの庭」を私は何度も見て、楽しんでいます。
美しい草花の写真が溢れています。

是非ご覧なって、お楽しみ下さい。

敬具、後藤和弘
2012/05/26(土) 08:20:44 | URL | 後藤和弘 #-[ 編集]
こんばんは
田舎暮らしにあこがれている一人です。 
でも、病院でさえ中々診察してもらえないとなると、心臓病を患っている家族のことを考え、田舎暮らしの危なさをもう一度考えます。
不動産屋さんは、ごみは地元の人とは分けて、移住してきた人だけにしてある。
病院も総合病院がある。
買い物も大丈夫。
地域とは、町会費の徴収(高齢になったら中々集めにいけると思えないので)は無い。
新しい人たちが8割なので、いじめの心配は無い。
私の考えでは、新しい人たちの中でも,相性というか、威張りだす人も居るように思える。
何処で暮らしても、この世は生きている限り、暮らしにくい。。。。。

そう思いました。
早くあちらに呼んでもらいたい。
そう思う毎日です。
2012/08/25(土) 20:18:14 | URL | 歩 #8xiZQ7U.[ 編集]
お体の具合はどうですか?
お体の具合はどうですか?
医者までも。。。。。。ひどいですね。。。。。
こちらを読んで 
田舎を探しているので
不動産屋さんに必ず聞くようにしています。
付き合い方はどのような付き合い方を求められているか

でも きっと本当のことは教えてはもらえないんだろうと思うけど

聞くことだけは忘れないようにします。
2012/08/29(水) 12:00:38 | URL | 歩 #8xiZQ7U.[ 編集]
歩さん、おはようございます。

コメントは新しいところだけチェックしていて見逃してしまいました。
田舎の人が住んでいる中に移住した方が、住民との交流などもよく出来ると思います。

ここは、全て都会からの別荘の中に数家族だけが住みついています。
そのため、行政は道さえ直してくれません。

でも、全ての田舎が悪いわけではなく、ここは特別だと思ってあきらめています。
移住する場所に病院はあるか、自動車を運転できなくなったときの交通手段など下調べが大事だと思います。
移住先の景色などはどうでもいい事です。また、趣味が野菜作りなどでしたら動物が出るかも調べないと、我家のように何も作物は作れない所もありますので、よほど調査しないと数年で都会に撤退する事になります。

ここでも、仲良くなった3家族が数年で都会に戻ってしまいました。

コメント有難うございました。見逃してしまい、ごめんなさい。
2012/09/05(水) 07:35:30 | URL | 木内 正夫 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.