北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
いざと言う時の非常食
9月の防災の日に非常食として2-3週間の食料の備蓄や電池、ラジオ、ローソクなどを常に用意しておくようにテレビで放送していた。
当たり前の話だが、食料の備蓄をしている家庭は少ないらしい。通常冷蔵庫に入っている食料は備蓄とか非常食と呼ばない。
非常の場合には避難場所に逃げ込めば、いつでも助けてもらえると甘い考えの人が多いようです。
災害によっては避難場所まで行けない場合もあり、避難所に行っても大規模災害の時に、救援物資が届かない場合もあります。
だだ、非常食を備蓄したからと言って万全ではではありません。津波により家が流されたり、地震により家が倒壊したら非常食を蓄えても何もなりません。
住む地域によりどのような災害が起るか、各自で判断し災害に備えるしか方法はありません。

私の住んでいる地域には約15人ほど住んでいますが、避難場所を知っている人はいるのでしょうか。
実は私自身、有事の際何処に避難すればよいのか分かりません。学校に行くのか公民館か分かりませんが、避難場所に助けを求めることはしないつもりです。

この土地を買って30数年。住み着いてから20年の歳月が流れ、その間大雪のため約3ヶ月誰とも接触しない時もありました。
また、1ヶ月以上病で買物にも出られないこともありました。今でも冬の間は雪や道路の凍結など、買物や通院出来ない日が2ヶ月はあります。
そのため、生命を維持するための非常食は一人暮らしの老人にとって重要なことなのです。
今年の2月から、不整脈は続いて寒さに向かいどのような事が起るかわかりません。何が起ってもよいように非常食だけは備蓄したいと思っています。
災害などは別として、個人的な有事の際、一番頼れるのは行政でも、隣人でもなく非常食なのです。

私の場合、乾パンや缶詰なども昨年買いましたが、非常食としては不適当なので今年は買いませんでした。
何もせずに食べられる缶詰は、酒の肴になってすぐなくなってしまいます。すぐ食べられる物は私にとって非常食にはなりませんでした。

昨年度から、自転車に切り替えましたので、保存食を買いましたが同じような系統のものばかり、今年は少し変化のある物を探しています。
まだ、9月で2か月分程度の非常食ですが、12月末までに最低でも4か月分は備蓄したいと思っています。

私のような者が孤独死した場合、東京や横浜などでは変死の死体解剖があるようですが、山梨では事件性がないと判断されれば死体の解剖はありません。
でも、他殺、自殺、病死などを検証するため、パソコンや部屋の中を調べられてしまいます。大量の備蓄食糧などが警察の眼にとまります。
今、老人の万引きがはやっているそうです。死んでからの発見になりますので、言い訳など出来るはずもありません。
全ての非常食には買った日付を記入して、レシートは全て保存しています。そして、それらの備蓄品はネットに繋がっていない別のパソコンで、在庫管理をしています。
老人が困ったとき本当に助けてくれる行政だったら、この様なことまでしなくても良いのにと思う近頃です。

・1/10・10-12月に新米が沢山届く予定になっています。
・2/10・いろいろな種類のカレーを探して集めています。
・3/10・丼物・これもいろいろな種類を集めています。まだ半分。
・4/10・混ぜご飯やいろいろなご飯の素やソースなど。
・5/10・赤飯も試験的に食べてみました。意外と美味しかった。
・6/10・ソウメンが多いのは好き嫌いでなく茹で時間が短かいため。
・7/10・これは昨年買ったもの。買いすぎて残ってしまった。
・8/10・調味料・まだ足りないので徐々に増やしていきます。
・9/10・非常食のレシートは全て保存してあります。
・10/10・エクセルで管理。12月末まで買い続け冬に備えます。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北杜情報へ「70歳以上」「北杜情報」のどちらか一つだけクリックの協力お願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ
私も那須では常に数ヶ月の備蓄をしていました
十数年前の冷夏、町ではお店からお米が消えました国は数ヶ月の備蓄があると言っていたのに蓋を開けたら空っぽ、管理費用を惜しんで備蓄をしていなかったのです。国も行政もまるで信用できません、昨年の3,11でもスーパーから食料品が瞬く間に消えました。でも日頃の備蓄のおかげで平然と構えていることができました。宇治へ来て気持ちが緩んできていました、木内さんの写真を拝見させていただいて気を引き締めることができました、備えあれば憂いなしですよね
2012/09/21(金) 23:19:05 | URL | yaeko #7XaZTY2Y[ 編集]
yaekoさん、おはようございます。

あの時の事は覚えています。細川内閣の時、凶作だと大げさに騒いだため、日本米は店頭から消えてしまいました。
外国からの輸入を拡大、現地の人の食生活を脅かしてしまいました。
ただ、次の年度豊作だと分かると米が農家から沢山出されました。何処かに隠していたのでしょう。
この時は3食飯を食べていた私、パンやうどんなどに切り替えました。
その後も3食の米食には戻らず。パンやうどんを食べ続けています。
米の消費が減ったのも農家に対する反発があると思います。

私の場合の備蓄は、地震などよりも冬場買物に出られないのと、病気の時のための買い置きとと言ってもいいでしょう。
不便な土地を選択すると高齢になってから大変です。

これから12月にかけて本格的に備蓄が始まります。
コメント有難うございました。
2012/09/22(土) 06:24:56 | URL | 木内 正夫 #-[ 編集]
ただただ、驚きと同時に、感服します。
木内 正夫 さん

こんにちは。
お元気でお過ごしでしょうか?

だいぶ過ごしやすくなってきていますね。
朝晩の気温は寒いくらいです。

木内さんの生き様にはただただ感服します。

私も多少は危機管理的なものの考えもありますが、単に里山生活とM3とのお遊びに身を置き、人生を楽しんでいるだけで、恥ずかしい思いがします。

確かに、3.11の『きらら』の状態を思い起こしますと、日頃から対処しなければいけませんよね。

あの時には、人の動きには恐怖さえ感じました。山のように食料品や電池、トイレットペーパーを買い込み、瞬く間になくなりましたね。
2012/09/22(土) 13:15:18 | URL | KITAHO #YXfnopBU[ 編集]
KITAHOさん、こんばんは。

あまり元気がなく買物も控えていたら、右脚がおかしくなってしまい、これでは駄目だと思って、一昨日武川を抜けた所にあるセブンイレブンに無理して行ってきたら、脚は治ってしまいました。
甘やかしたら駄目なのですね。

有事の際に買い占めるから批判されますので、通常から少しずつ蓄えています。
ただ、都会と違いここでは食料以外のものは何かで代用できますので、日用品ではローソク程度しか用意していません。

よほどの災害でなければ沢の水も枯れないと思いますし、停電でも薪を燃せるので炊事は出来ると思います。

病気の時の食料確保だけ重点にしています。
病気の時食料が無くなりそうになると、本当に心細いですからね。
備蓄はこれからが本番で残り3ヶ月で少しずつ増やしていきます。
写真の倍以上のものになると思います。

コメント有難うございました。
2012/09/22(土) 18:19:29 | URL | 木内 正夫 #-[ 編集]
備蓄に感心しました!
木内さん

こんばんは。

良い季節にないましたね。

食料の備蓄は、あの山林を知っていればその必要を痛切に判ります。

雪が降れば、あの悪路は通行できなくなりますし、停電も起きるでしょう。

それにしても木内さんの用意の良さに感動します。
良い人間の模範ですね。

私も9月中にはそちらへ行きたいと思っています。

お元気でお過ごし下さい。

おやすみなさい。後藤和弘
2012/09/24(月) 20:25:29 | URL | 後藤和弘 #-[ 編集]
後藤さん、おはようございます。

だいぶ寒くなり、昨夜から毛布を1枚追加して寝ています。
今のパソコン室は18度になっています。晴れればもっと低くなりますが今朝は曇っています。

長年住んで、食料の買い置きしなかったために空腹を何度も経験しています。
買い置きしてあまったら、日常食べればよいのですから、日持ちするものを少しずつ、12月末までに増やしてゆきます。

コメント有難うございます。北海道の旅行記事など読んでいます。
2012/09/25(火) 06:17:37 | URL | 木内 正夫 #-[ 編集]
反省
今日の記事拝見して、我が家は災害に対する用意はマコト不十分。
不真面目です。自分の命を守るのですから、真剣にならないといけません。

カミサンにもこの記事見せます。
2012/09/25(火) 21:48:43 | URL | ijin #7ozVZe.w[ 編集]
ijinさん、おはようございます。

私の場合、地震などよりも、冬期買物に行けないことと、誰も訪ねてこないような場所に住んでいるため、病気になった時の備えです。
30代にこの土地を買ったため、老後のことを考えませんでした。
今では、この土地を買ったことを後悔しています。

コメント有難うございました。
2012/09/26(水) 07:06:17 | URL | 木内 正夫 #-[ 編集]
こんばんは、いよいよ冬支度ですね。毎日のことですので大変ですね。11月10日過ぎでは訪問は厳しいですか?なかなか皆の都合があわなくて・・・冬支度協力しますよ。  孝子
2012/09/28(金) 16:57:33 | URL | takako #-[ 編集]
takakoさん、おはようございます。

冬の非常食、買物に出かけるために少しずつ増やしています。
一度に買うと賞味期限が重なってしまうので、少しずつ買うことにしています。

11月10日過ぎ、だいぶ寒くなります。掛布団も2枚必要になりますので、人数が多いと蒲団が足りなくなります。
前回のように5人前後なら何とか間に合います。
その頃、付近の観光地では紅葉が綺麗だとは思います。
コメント有難うございました。
2012/09/29(土) 07:26:40 | URL | 木内 正夫 #-[ 編集]
カミサンが感じ入って。。
カミサンにこの記事見せました。

読み終って・・・

「備蓄考え直します。」

万一の時、私らは少しは耐えられそうです。

木内さん有難うございます。
2012/09/29(土) 18:55:12 | URL | ijin #7ozVZe.w[ 編集]
ijinさん、おはようございます。

八王子の場合行政もしっかりしていて、近所の人達も大勢いて心強いと思います。
ここは、人に会うことも殆どない、土地なのでいつでも非常の事を考えておかなければなりません。
避難場所さえないところですから。

コメント有難うございました。
2012/09/30(日) 06:57:38 | URL | 木内 正夫 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.