北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
恐ろしい日野春トンネル
今年になってまだ病院に行っていない。今日3月24日薬もなくなったので出かけることにした。 今年は雪も少なくもっと早く行くことはできたかもしれないが、自転車で往復30km以上走る事はある程度体調に自信がないと、帰り道の事を考えるとなかなか出かけられなかった。

牧之原の交差点から須玉に向かう途中に日野春トンネルがある。交差点からこのトンネルまで急な坂を登るとトンネル入り口で疲れがでているのに、トンネル内に入っても登りが続く。
視力が三分の一程度の私、トンネルに入ると先が微かしか見えない、登坂なのでヨタヨタ走る自転車の脇をトラックがすり抜ける時、すごい緊張感を覚える。
このまま、自転車に乗ってこのトンネルを通過したら、ここが私の墓場になることは確実なので、時間がかかってもトンネル内は自転車を押して歩くことにした。

日野春トンネル武川側。全ての電燈を点けても他のトンネルと比較して暗いのに、未だに節電のため僅かしか点灯していない。カメラのフラッシュがないと暗い。



追加記入・・誰かがこのブログを見て役所に電話してくれたのか、3月26日病院に行くとき見ると電燈の灯っている箇所が増えていた。更に病院の帰りに見ると朝の時よりほぼ全部の電燈が点いていた。
このトンネルの電燈は歩行者や自転車の通行より自動車のドライバー向けに設計してあり、トンネルの中間の一番暗い所には、僅かしか電燈の設備がない。入口部分は写真のように沢山の電燈の設備がある。


道路わきに高さ20センチ位の段差がある歩道なのか、雨水の排水路が中にあるのか、走っていて自動車に幅寄せされた時、ペタルがこの段差に乗り上げ転倒する危険がある。
今日この上を歩いてみると、見た目より広く自転車を押してギリギリだが歩けることが分かった。


蛍光ベストを着てのトンネル内歩行。買ったが車道ではなく歩道のような所を歩けばこのベストは着なくても大丈夫かもしれない。


残念な事にやっと出かけたが、眼科は火曜日は午前中休診とのこと、午後は医師も違い何時に診察してもらえるかわからないということなので、また出直して行くことにした。残念、腹が立つ。

北杜市立塩川病院には送迎バスがあるが、武川町も北杜市なのに武川町までの送り迎えは行わないようだ。
毎日注ぎ足している文は日曜日更新したものに書く。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北杜情報へ「70歳以上」「北杜情報」のどちらか一つだけクリックの協力お願いします。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大変な病院通いですね。
木内 正夫 さん

こんばんは。
今日は大変寒い一日でしたね。

秘密基地も夕方近くには一時、猛吹雪となりました。びっくりです。

スタッドレスタイヤからサマータイヤに換えたばかりでしたので、ちょっと心配しましたが、あっという間に止みました。

この寒い中、通院、ご苦労様です。
大変な思いをして、休診とは、心中お察しします。

そうそう、あのトンネルは歩道を歩くにしても蛍光ベスト、是非とも着用でお願いしますね。

あるとないとではドライバーの意識が変わりますから。

どうぞ無理をなさらずに、お願いしますね。

私は明日横浜に帰りますが、4月10日頃から10日間ぐらい長坂に入ります。
      (例のものをお持ちしますね。)

その際は、私を利用してくださいね。待っています。
2015/03/24(火) 20:46:30 | URL | KITAHO #YXfnopBU[ 編集]
KITAHOさん、おはようございます。

100m歩いただけで息切れをするものが、病院まで行くには大変な事です。
水曜日が休診でしたが、いつの間にか火曜に変更になってしまいました。
明日また行くことにしました。

4月にお会いできるのを楽しみにしています。
コメントありがとうございます。
2015/03/25(水) 09:18:55 | URL | 木内 正夫 #-[ 編集]
ご苦労が多い
お医者へ行くのも苦労ですね。
今年は雪が少なかったのですね。
それでも往復30KMを自転車で。。
それなのに休診は残念至極。
お気持ちお察します。
よく耐えておいでです。

私は日ごと体力が落ちて、ブログもままなりません。
新たな病が加わって、頼れるお医者がいません。

少しでも苦労なくお過ごしになられるように願っています。
2015/03/28(土) 23:56:09 | URL | ijin #7ozVZe.w[ 編集]
ijinさん、おはようございます。

田舎暮らしは自動車が運転できるうちは良いのですが、運転できなくなると地獄の苦しみです。
病院に行ったからと言って、心臓病7は専門医がいません。
心電図を撮ってのは何年か前の最初の1回だけの有様です。
元横浜の便利な所に住んで居ましたので都会と田舎の医療格差を感じています。
後1年もすれば病院に通うことは不可能になるくらい体力は衰えているでしょう。
保険料を納めても医療を受けられないことが現実になるかもしれません。

あなたもお体を大切にしてくださいね。
いつもコメントありがとうございます。
2015/03/29(日) 09:17:58 | URL | 木内 正夫 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.