北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
山梨・甲斐の国から黄泉の国への引っ越し準備
下の写真は約30年前に家を自作した時のものです。大工の経験のない私、独自の 方法を考えて作ることにしました。材料は10センチ×5センチ。図面を描き計算しやすいように屋 根勾配は30度として屋根部分の材木の交差する中心点を三角関数を利用して計算、筋交いは三平方 の定理を利用して計算し、寸法を間違わないように材木に穴を明けたり、切断しました。

それを1本1本ボルトで一人で組み立てました。登ったり降りたり何回も繰り返し組み立て最後は釘 を撃ち込まないと、材木が乾燥するとボルトは緩みガタガタになってしまいます。今はその後造っ たコンクリートの建物とこの建物の前に作ったコンクリートの建物に挟まれサンドイッチのように 建っています。



眼もだいぶ悪くなり、事務的な身辺整理はほぼ終わっていますが、黄泉の国への引っ越しの時、大 勢の人が我が家に出入りします。掃除の嫌いな私、我が家はゴミ屋敷能な状態なので、少しは綺麗 に整理整頓しないと笑われてしまいます。大きな工事は無理ですが、プチリフォーム程度は出来そう なので、片づけと同時に床を綺麗にすることにしました。

上の写真の右側1階部分は図書室として作りましたが、ほとんど使われる事もなく、2階に上がる 通過する部屋で、物置部屋のような存在でした。通販で取り寄せた床材を並べるだけなので、現在 の眼の状態でも何とか出来ました。小さなテーブルと椅子でも置けば図書室として利用できるでし ょう。私はもう長い小説などを読むことは出来なくなりました。




建物の写真の2階部分です。ここも物置部屋のような存在でしたが、床材を敷いて小さな喫茶室の ようにしました。お酒を用意してホームバーとしても良いと思いますが、眼に悪いために置かない ようにしますが、誘惑に負けて置いて酒を飲み始めるかもしれません。




立つ鳥跡を濁さず


一番高い所にパソコン室があります。ここも今月中に直すつもりです。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北杜情報へ「70歳以上」「北杜情報」のどちらか一つだけクリックの協力お願いします。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
素敵なリフォームですね。(*^_^*)
木内 正夫 さん

こんにちは。
いつも木内さんのバイタリティには驚かされます。

今回のリフォーム、素敵ですね。
お伺いする日が楽しみになりました。

予定通り、15日にお伺いします。
通院の方はお任せください。

余り無理をせず、のんびりと、リフォームに取り組んでください・・・ね。
2016/06/06(月) 13:48:55 | URL | KITAHO #YXfnopBU[ 編集]
すっかり綺麗になりましたね!!!
木内正夫さん、

こんにちは。

すっかり綺麗になりましたね。
今度、お邪魔した折に是非、見せて下さい。

それにしても木内さんの山荘を作ったときの話を大変興味深く読みました。
続編を期待しています。

ところで先週、小屋まで日帰りで行きましたが忙しくて木内さんの山荘にお寄り出来ませんでした。
何が忙しいのかというと、実は急坂の登り道を作るのに、この所、精魂を込めているのです。
私の小屋の東側は、木内さんもご承知のように山の斜面になっています。この斜面を這い上ると白樺林に出ます。その林を北方向に抜けると広い牧草地に出ます。昔、乳牛を飼っていた石原さんの牧草地です。そこからは甲斐駒岳や八ヶ岳が良く見える眺望の良い場所なのです。下を見ると木内さんの山荘も良く見えます。
そんな訳で急斜面の山を上る道が大変重要なのです。急な狭い道の両側に杭を何本も打ち、ロープを張り巡らせる仕事が忙しかったのです。
その山は石原さんの持ち山でしたが、人の登る道路は自由に作っても良いと言われています。
その道路の整備作業が今年いっぱいかかりそうです。体力が無くなったので仕事がゆっくりです。
しかし自分で小屋を作ったり道路を作ったりすることは本当に楽しいものですね。
木内さんもご自分で全て作ったので楽しかったことと思います。
その話も聞かせて下さい。

お元気でお過ごし下さい。
2016/06/06(月) 16:34:14 | URL | 後藤和弘 #-[ 編集]
KITAHOさん、こんにちは。

通常の掃除だけだとなかなか綺麗に片付かないので床を張り替えました。

家が古いのですべての部屋のリフォームは無理ですが、出来るだけの部屋の床を張り替えたいと思います。

15日に病院行きお願いします。
コメントありがとうございます。
2016/06/06(月) 16:48:34 | URL | 木内 正夫 #-[ 編集]
後藤さん、こんにちは。

製鉄所や神奈川県立高校の体育館などの寸法をだし鉄骨で建設しましたが、コンクリートや木造は素人で仕事では行った事はありません。

最初に造った風呂場が思ったより良くできたので、気をよくして次々と自分が作った工法で造ってしまいました。
今、考えると専門家に造らせた方が安かったと後悔しています。

道造り大変ですね。数年前一度後藤さんの造った道を通ったことがあります。急な坂でした。
頑張って造ってください。
我が自動車道は完成は無理なようです。

コメントありがとうございます。

2016/06/06(月) 17:04:38 | URL | 木内 正夫 #-[ 編集]
おはようございます。
素敵になりました。
家を使い易くするのは、安全の為にも良いですね。まだまだこれからですよ。
私は、昨日北海道より戻りました。初飛行機の旅、此の歳まで鉄道の旅に拘り続けてきましたが、心残りも無くなりましたので挑戦してきました。人間幾つになっても新しいことに出会い、出来ることがわかりました。固定観念は捨てなくてはいけないと思いました。生憎の天気でしたが、満喫してきました。函館は横浜に似ている街でした。見知らぬ土地を歩くの大好きなんです。誰に似たのか放浪癖があるのかな?v-12  無理なさらずに
2016/06/11(土) 09:43:08 | URL | takako #-[ 編集]
takakoさん、こんにちは。

朝コメントを書いてくれたのに気が付きませんでした。
あまりにも散らかっているので、片づけながら整理整頓してゆきたいと思います。

これから、次々と部屋を綺麗にする予定ですが、何処までできるかわかりません。

一応、部屋が片付いたら、私もどこかに出かけるかも。

コメントありがとうございます。
2016/06/11(土) 14:19:09 | URL | 木内 正夫 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.