北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
モリアオガエル産卵・ジギタリス
久しぶりに池の方に行ってみた。庭の中の池だが近頃では危険なのでなるべく行か ないようにしている。大きな池の隅にモリアオガエルの卵塊が1個と小さな池にも1個あった。まだ数 も増えるかもしれないが、蛙の命を心配する余裕がなくなってしまった。上の写真が大きな池の隅の 卵塊。





庭ではジギタリスしか咲いていなかった。動物の被害は凄く、今回も斑入りのホトトギスをイノシシ に掘り起こされていた。テンナンショウの仲間のマムシ草は庭に沢山自生している。マムシ草は掘り 起こされた事はないのに、お金を出して買ったウラシマソウが被害にあってしまった。





にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北杜情報へ「70歳以上」「北杜情報」のどちらか一つだけクリックの協力お願いします。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ピンクのジギタリス、素敵ですね。
木内 正夫 さん

こんにちは。
横浜は、もう初夏ですね。
爽やかな季節はもう、すっかり姿を消しました。

八ヶ岳南麓が恋しいです。

木内さんのユートピアも、動物の被害が酷そうですね。やはり、動物も生きるために必死なんでしょう。

有毒のものと、そうでないものとの区別はどのように学習しているのでしょうね。不思議でたまりません。

ちなみにジギタリスも有毒植物なんですよね。

有毒植物ばかりを植え込むわけにもいかず、困ったものですね。



そうそう、明日、出発します。
お約束の蕎麦の種、持っていきますよ。
スプラウト(もやし)を作ってみてくださいね。結構、美味しいです。


一年中出来ますので、遊び感覚でやってみてくださいね。
2016/06/11(土) 14:58:53 | URL | KITAHO #YXfnopBU[ 編集]
KITAHOさん、こんにちは。

キキョウもオダマキも山百合も花は絶望になってしまいました。

フランス菊は無事で咲き始めました。
ジギタリスは心臓の薬にもなり、また、心臓にも悪いと言う変わった植物です。

ウラシマソウも毒草だと思ったのですが、被害にあいました。困ったものです。

もやし期待しています。15日お願いします。
コメントありがとうございます。
2016/06/11(土) 16:30:43 | URL | 木内 正夫 #-[ 編集]
今年もモリアオガエルおめでとう御座います。
木内正夫さん、

こんにちは。
今年もモリアオガエルが産卵に来てくれたことを大変嬉しく思います。
おめでとう御座います。
木内さんが若くて元気な頃に、モリアオガエルを飼育していたことを懐かしく思い出しています。

去年は丁度一年前の6月12日に木内さんの山荘に寄り、卵塊の写真を撮って来ました。

以下は昨年の6月19日の私のブログの記事のはじめての文章です。
・・・今年も6月になったので深い森の中の樹上に産みつけられるモリアオガエルの卵塊の写真を撮りに行きました。
其処は甲斐駒岳の麓の、木内正夫さんの山荘の敷地内の林です。
一番目の写真にその森の中の道の光景を示します。
例年ですと6月下旬ですが、今年は季節が早いので6月12日に訪れました。
現地に行って見ると、毎年のように巨大な卵塊が木の高い枝に産みつけてありました。
その枝の下には木内さんが作った池があります。間もなく卵塊からオタマジャクシがこの池にポトリポトリと一匹ずつ落ちて成育するのです。足が出て、手が出て小さなモリアオガエルになると池から出て、すぐに木に登ります。高い枝から枝へと飛んで、森の中に消えて行きます。そして親になると同じ池の上の枝に戻ってきて卵塊を生みつけるのです。
木内さんの話によると山荘の東側の池の上にも数個の卵塊が産みつけられてあるそうです。
卵塊は野球のソフトボールくらいの大きさです。その塊は白い泡で、中に数百の卵がつまっています。
卵塊は必ず静止した水溜まりの上の枝に産んであります。小川や沢のような流れの上には産みません。
モリアオガエルは本州と佐渡ケ島の山奥にしか棲んでいない珍しい樹上生活のカエルです。・・・

モリアオガエルは毎年同じように卵塊を生みに来ますが、木内さんも私も年々老いて、元気が無くなって行きますね。
でも気持ちだけは元気にして暮らして行きましょう。

お元気で!
2016/06/12(日) 18:48:49 | URL | 後藤和弘 #-[ 編集]
後藤さん、おはようございます。

今年もやってきましたが、多分卵塊も少ないと思います。
私も蛙どころではなくなってしまいました。
来年は、どなたかの家の方に行くのを願っています。
私の池では既に別のオタマが沢山泳いでいます。
孵化しても餌になってしまうのではないかと心配しています。
もし卵塊が多くなったら卵塊の里親探しなんて考えていますが、貰い手はいないでしょうね。

コメントありがとうございます。
2016/06/13(月) 08:30:44 | URL | 木内 正夫 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.