北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
山桜・枝垂桜・富士桜・白木蓮
春遅いこの地もだいぶ暖かくなり花を見られるようになりましたが、移動することが出来ず、手短な庭の木々で間に合わせています。山桜などは遠くで見ると綺麗ですが花数が少ないのか、近くによると空や枝ばかり見えて写真写りが良くありません。

山桜は種類や樹齢に関係があるのかまだ咲き出していない木もあります。その分長く楽しめます。


パソコン室から見た山桜



屋上から見た枝垂桜



実生から育てた富士桜



白木蓮


北杜市の桜の名所などを観て回った時期もありました。今は観光とは縁遠くなってしまいました。 私のホームページを見ていたら、ちょうど10年前に桜を見に行っていた写真がありました。 天然記念物の舞鶴松は枯れて今では見られません。

北杜市・萬休院の舞鶴松

北杜市・萬休院の桜

北杜市・実相寺の庭と神代桜

北杜市・神田のオオイト桜

北杜市・真原の桜並木


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ クリックの協力お願いします。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
30年前が懐かしいですね。
以下の木内さんの今日の記事が大変懐かしいですね。私は1974年に小屋を作ったのでもう42年前になります。
星山荘というあの民宿にもよく泊まって小屋建設をしました。
懐かしいので木内さんの文章を以下に転載します。
・・・・私が武川村を知ったのは30年前のことだった。ある不動産会社の新聞広告1000坪100万円のおとり物件につられて電話したのが事の始まりだった。
勿論、1000坪100万円の物件などあるはずもなく、金額も数倍の現在の土地を見せられた。
別に悪い場所でもなく土地の真ん中に沢が流れヤマメがいることも気に入ったので買うことにした。
購入してから、真原の外れの民宿に泊まり、桜並木の道を40分歩いて土地までたどり着き整地などし小さな小屋を建てた。民宿に通算30泊はしただろうか。
当時の桜の木はかなり細かったような気がする。桜並木も今のような観光対象にはなっていなかったと思うが、正確な記憶がない。・・・
2017/04/21(金) 19:55:12 | URL | 後藤和弘 #-[ 編集]
後藤さん、おはようごさいます。

土地を持ったこともない私、土地を買うことも夢でした。
山梨県にするか千葉県にするか迷ったのですが、山の好きな私、山梨県を選択してしまいました。
千葉県を選択していれば別の人生があったのかもしれません。

夜中に起きて寝付かれないなど、昔の事が走馬灯のように頭の中を走ります。
あの時別の行動をとればとか、後悔ばかりです。
昔の文を読むのも懐かしいですね。

ホームページの「里山に住んで」は今でもみられますが、「里山に住んで2」はいろいろな言語を使用したためXP以後のパソコンで見ることが出来なくなってしまいました。

コメントありがとうございます。

2017/04/22(土) 06:55:51 | URL | 木内 正夫 #-[ 編集]
こんにちは。
私たちが帰ったあとの日々、ゆっくり出来ましたか。また、夜に熟睡できましたか。
私は帰宅後4日間ほど「睡眠負債」を帰すべく?けっこう爆睡しました。俗に言う「枕が変わると」云々だったのでしょうか。体力も半年前より落ちているのを感じた次第です。8つも年下ですが老化だけはすぐに追いつき、追い越しそうです。
ではまた6月に続きをやりましょう。
2017/04/24(月) 14:05:53 | URL | 蛙声爺 #-[ 編集]
蛙声爺さん、こんにちは。
いま、メールをしたばかりです。

その後、床のゴム張りや、植物の移植など結構動いています。
今日も台車を改造しました。

以前より睡眠時間はとれていますが、夜起きて寝付かれない事が多いです。

6月にまたお願いします。
2017/04/24(月) 14:24:17 | URL | 木内 正夫 #6C7iXMrA[ 編集]
こんばんは。お邪魔します。
自生から育てられた富士桜さん、
綺麗ですね♡ 楽しみですね。

2017/04/24(月) 21:26:58 | URL | おきまちあき #1vmtGO4c[ 編集]
おきまちあきさん、おはようございます。

富士桜、大きくなり電線に届きそうです。
寒いこの地も春めいて緑の葉が目立つようになりました。
コメントといつも応援ありがとうございます。
2017/04/25(火) 07:25:40 | URL | 木内 正夫 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.