北杜市・自然の中で
山の中の独り暮らし、片目を失い福祉や医療機関、孤独死寸前までを綴る
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
茅ヶ岳登山(1)
看板
今日は一日中良い天気の予報だ。
韮崎に買い物があるので1時間程度ハイキングでもしてこようと出かけた。
甘利山のツツジは後1週間位過ぎないと満開にならないようなことが、ブログに書いてあったので、地方道27号線、韮崎昇仙峡線の中間点に深田公園がある。
その近くの山をハイキングすればよいだろうと向かった。
8時頃に駐車場に到着する。
近くの山は茅ヶ岳1704メートル山梨の100名山になっている。
2時間30分の行程と書かれていた。1時間程度歩いて写真の数枚撮って戻ってこようと軽い気持ちで出かけることにした。


石碑
少し登ると登山口があるが、その先に公園があるので先に寄ることにした。



休息所
小さな公園で、ベンチが数個と休息所しかなかった。
8時20分、登山口まで引き返し、茅ヶ岳の中腹目指して歩き始めた。


林道と道標
石ころだらけの登山道、誰か砂利を敷いたのかと思ったが、大きさも不揃いだし自然の石のようだ。
この道沿いに誰か住んでいたのか廃屋が2軒あり、壊れたトラックが別の場所に捨てられていた。
歩きにくく、松と落葉樹の混じった道を登ること30分、広い林道に出た。
この林道を使えば30分楽が出来た。


休息所
林道を横断し道標にしたがって登っていく。
いくら歩いても針葉樹と落葉樹の石の多い道を進み、視界がきかない道にうんざりしながら歩く。
せめての救いは、見たこともない植物に出会えた事くらいだろう。
歩くこと1時間25分やっとのことで女岩に着いたが、ここも薄暗いところで、この登山ではここだけに水場がある。


登山道
これから、どうするか引き返すか進むか迷う。
足はまだ大丈夫心臓も大丈夫なようなので進むことにした。
写真のような岩を登るハイキングを超えた登山の領域である。
登りながら帰りは大丈夫か心配になってきた。
後ろ向き下山をしないと危ない場所もある。
何分か登ると通常の登りとなり手を使わなくても歩けるようになる。
まだ稜線はどのくらい歩けば良いのだろうか。
登ってきたことを後悔したが後の祭り、そのうちに後から登ってきた若い人に追い越されてしまった。


分岐点
出発してから2時間15分やっと稜線に出て、敷島との分岐点についた。木々の間から山々や町が眺められるようになり、いくらか気分に変化が起きた。
ここで引き返すわけにはいかないので頂上を目指すと、意気込んでは見たものの足は重く、少し歩いては休むの繰り返しではあるが、進んでいることに違いはないのでいつかは着くだろう。


深田久弥の死
深田久弥が倒れた場所に着いた、なぜか賽銭がおいてあった。
もしかして、帰り道私もこの辺で発作が起きるのではないかと考えてしまった。
心臓病の持病のあるものが登るような山ではなかった。
今後、事前調査をしっかりしないと命を落としかねない。(反省)


山々の景色
登るに従い木々の合間から山々が見える。


頂上
やっとの思いで頂上に到着した。時間11時10分。
2時間50分かかった。看板のコースと20分の差。
写真を撮りながら来たことを考えればまずまずだろう。
霞んではいるが八ヶ岳、南アルプスなどの展望も開けている。
富士山は見えないと地元の人が教えてくれた。
金ヶ岳が大きく見える、1時間で行けそうだがそんな元気はない。
(続く)



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ハラハラ・・・・
読ませていただきながらも、正直ハラハラ
無謀な登山方法、気お付けてください。これからは
2007/06/04(月) 21:50:28 | URL | 紫陽花 #-[ 編集]
健脚ですね。
標高1704mの山にちょっとハイキング。
写真を見ながらどきどきしましたよ。
私は毎日コナミ(スポーツジム)で運動していて脚には自信がありますが、一人で登山はちょっと怖いです。
頂上から見た景色素晴らしいですね。
登ってよかったですね。
2007/06/04(月) 22:11:23 | URL | sakko #-[ 編集]
こんばんは
紫陽花さん、こんばんは
茅ヶ岳と言うのですから、カヤが生えている草原の山かと思って行ったのですが、岩山のようでした。病人としては無謀でした。
以後、気をつけたいと思います。
2007/06/05(火) 00:07:12 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
こんばんは
sakkoさんこんばんは。
何の下調べもなく現地に行って看板を見て高い山だと思いました。
見晴らしの良い場所まで行ったら引き返す予定でしたが、頂上付近まで見晴らしがよくなく、結果的に登ってしまいました。
2007/06/05(火) 00:14:43 | URL | 鬼家(オニイエ)雅雄 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.